本ブログは広告を利用させていただいております

手作り全粒粉パンのメリットとデメリット♪ダイエットにも効果的な全粒粉パンについてまとめてみました

全粒粉のパン

最近、全粒粉のパンを作ることにハマっています。

以前、断食ホテルでご飯を食べて「私は今までいったい何を食べてきたんだろう?」と考えさせられてから、そんな食事を日常でも取り入れたいなと思い、まず始めたのがパンを作ること!

断食ホテルの食事は味付けが薄いのですが素材を活かした味わいが合って、食べた瞬間自分の骨と血になっていく感じがしたんです。栄養がしっかり身体に吸収されてる感じ?

☟シンプルで身体にいいのに超絶美味しかったです♪

 

でもおやつやおかずの全てが無添加ってなると、お金もかかるし逆にストレスになっちゃうと思うので、手作りの全粒粉のパンと玄米を主食にすることから始めました。

全粒粉のパンとは小麦の殻や胚芽も一緒にした茶色いパンです。

この殻や胚芽に栄養がたくさん詰まっているので身体にいいと言われています。ご飯でいうと玄米的存在ですね。

ちなみに、あの勝間和代さんも全粒粉のパンを自宅で作られているようですよ♪

今回は手作り全粒粉のパンのメリットとデメリットについてまとめてみました。

 




手作り全粒粉のパンのメリット

全粒粉のパン

手作り全粒粉のパンは添加物が入っていない

手作り全粒粉のパンのいいところは、添加物がいっさい入っていないところです。

添加物が入っていると、身体の細胞が添加物を分解することにエネルギーを使ってしまい、栄養を吸収させる能力が落ちてしまいます。

人間の身体は原始時代からほとんど進化していないので、自然界から摂取できないものを体内で分解するのは難しいと言われています。

なので、添加物は発がん性があるとか腸が荒れるなど問題になってますが、身体に害を及ぼす添加物・害がないといわれている添加物ともに身体にはどっちも良くないということになります。

添加物を多く含む加工食品は海外では禁止しているのに日本ではOKとなっているものがたくさんあるので、自分の身は自分で守っていかなければいけないですね(テフロン加工や歯磨き粉のフッ素なども)。

 

●危険性の高い食品添加物

特に気を付けたい添加物を、項目ごとにご紹介します。

<A>発がん性の可能性がある添加物

1)亜硝酸ナトリウム発色剤

製品例:加工肉(ハム、ソーセージ、ベーコン)、魚卵類(いくら、たらこ)など
特に、肉に含まれるアミンという物質と化学反応を起こし、発がん性物質が発生する可能性が高まる。

2)安息香酸Na保存料、防腐剤

製品例:栄養ドリンク、清涼飲料水、炭酸飲料(炭酸)、サラダドレッシング(酢酸など)、ジャムやフルーツジュース(クエン酸)、漬物(酢酸)、調味料、冷凍ヨーグルトトッピングなどの酸性食品に最も広く使用されている。安息香酸ナトリウムと一緒に、VitCなどの酸を摂取すると、猛毒のベンゼンが生成されることがある。ベンゼンは、発がん性があり、白血病を引き起こすリスクがある物質。

3)臭素酸カリウム小麦粉改良剤

製品例:パン製品
明らかな発がん性があり、EUでは使用が禁止されている添加物。

引用:https://www.michiwaclinic.jp/news/2617/

 

だから、自分で作ったものだったら添加物が入っていないし材料は選べるので、お子さんがいる家庭には特にオススメです^^

その他にも、おやつには米粉のカップケーキや手作りの寒天ゼリーを作ったりしてます。

☟米粉と甜菜糖のカップケーキ。置き方汚いですがレーズンが乗ってます。

米粉のカップケーキ

甘さが調節できるので自分好みの味にできますし、色んなものを入れたりアレンジができるのも手作りのいいところです。

大切な人に身体にいいものを作り続けてあげることが一番の愛情ですよね( ´∀`)

 

手作り全粒粉のパンは安い

全粒粉のパンは今までもたま〜に買っていたんですが、パン屋さんで買うと高いので毎日は食べられませんでした。

市販のものは少し安くなるけどマーガリンや保存料だとかの添加物も入ってますよね。

でも手作りすれば安いので好きなだけ食べられます!

もちろん材料費はかかりますが、こんな感じなので1斤150円くらいで美味しい全粒粉のパンが食べられますよ。

小麦粉+全粒粉200g
バター10g
砂糖15g
塩5g
スキムミルク5g 
ドライイースト3g

私はホームベーカリーのレシピを参考にしてますが、もう少しカロリーを抑えたかったら砂糖とバターを抜いても美味しく作れるそうです。

 

手作り全粒粉のパンは焼きたてが食べられる

手作りは、いつでも焼きたての全粒粉のパンが食べられるというのもいいところですよね。

朝にわざわざパン屋に行って買ってくるなんてめんどくさいの極みですし(-_-)

ホームベーカリーだと予約調理で朝食に合わせて完成させることができるので、ほんと便利な時代になったもんです。

朝はパンのいい香りで起きることができますし、どんな目覚ましよりも身体にいい気がします^^

☟私はこちらのシロカのホームベーカリーを使っています(スーパーDEALでポイントが4000ポイントついたりします)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シロカ siroca おうちベーカリー SB-1D151
価格:12,980円(税込、送料無料) (2023/11/6時点)

 

 

☟ 家族が多い方は2斤タイプがオススメです。

 

 

手作り全粒粉のパンは栄養価が高い

全粒粉のパン

普通の食パンが白米なら、全粒粉のパンは玄米というポジションです。

全粒粉は麦の殻や胚芽の部分も使っているので、食物繊維やミネラルやビタミンB群が豊富なんです。

しかもパンはご飯よりもタンパク質が多いので、筋肉量を増やすのにももってこいです。

パンにちょっとしたサラダや果物を合わせるだけで、身体の吸収力が高い朝に労力をかけることなくバランスのいい食事が取れますよ。

ちなみに私がよく合わせるのは、ほうれん草のオムレツと鶏胸肉ハムを入れたサラダです。

鶏胸肉は作り置きしてあるので生野菜に乗せるだけだし、オムレツは小さなフライパンに卵を入れてその上に生のほうれん草ととろけるチーズを乗せて蓋を置くだけです。蒸されて火が通るのでひっくり返したりはしません。☟こんなに雑でも美味しいです。

夜ご飯の残りでコンソメスープやミネストローネが残ってたりすれば、そちらと合わせるときもあります。

手間がなく美味しいのに栄養価が高い、理想的な食事になります♪

 

手作り全粒粉のパンは腹持ちがいい

パンはすぐにお腹が空くので腹持ちが悪いと言われていますが、実はお腹が空くのはビタミンや必要な栄養素が足りていないからということもあります。

また、パンは柔らかく咀嚼数が少ないので満腹中枢が働かないまま食事が終わってしまうということも、すぐにお腹が空いてしまう理由です。

全粒粉のパンは栄養価が高いですし、白いパンよりも少し硬めなぶん咀嚼数が多くなるので満腹を感じやすいです。

ですので全粒粉のパンを主食にしてから、おやつを食べることが少なくなりました。

私はドライフルーツやナッツを混ぜてアレンジしていますが、こちらはより腹持ちがいいのでオススメです♪

全粒粉のパン

 

全粒粉のパンのデメリット

全粒粉のパンは農薬が含まれている場合がある

全粒粉のパンには、いいところだけではなくデメリットもあります。

外国産の全粒粉の粉を使うと残留農薬が含まれる場合があるので、粉選びには気をつけてくださいね。

特に北米産の小麦が危ないのでカナダは要注意です。

輸入小麦を買うならヨーロッパは比較的安全らしいです。

私はライ麦パンも作りますが、ライ麦はドイツのものを使うことがありますよ。
☟天ぷらを乗せる網で粗熱をとってます笑

ライ麦パン

 

☟今問題になっている農薬、グリホサートについての記事です。

今回の記事では、除草剤に関する情報を提供し、特にグリホサートについて詳しく解説します。グリホサートは、アメリカの事件をきっかけに発癌性があるとして世界的に注目を集めました。現在、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国で規制や禁止が進められている除草剤の一つです。一部の食に関心のある方々は既に知っているかもしれません。

では、小麦栽培においてグリホサートは使用されているのでしょうか?

結論から言うと、現在も多くの場合で使用されています。特に、輸入小麦に対しては注意が必要です。北米産の小麦には、ほとんどの場合で残留農薬が検出されています。

引用:国産小麦にグリホサートは使われているのか。

 

私は富澤商店 楽天市場店さんの北海道産の小麦を使ってますが、今回探してみたらママパンさんの国産小麦が安かったのでネットで買う方はこちらがおそらく最安値です(私は楽天経済圏なのでAmazonでは分かりませんが)

☟こちらは強力粉

 

☟こちらは全粒粉

 

 

私はこの二つを混ぜて作っています。

強力粉を混ぜると膨らみやすくなるので、料理オンチの私でも失敗したことはありません。

 

全粒粉のパンは消化不良になりやすい

全粒粉のパンは胚芽や殻も含まれているので食物繊維が豊富なぶん、よく噛んで食べないと消化不良になってしまうこともあります。

消化不良になると気持ち悪くなったり胃やお腹が痛くなってしまうので、ゆっくり噛んで食べてくださいね。

特にお子さんやお年寄りに初めて出すときは、飲み物を飲みながら食べてもらうなどをしたほうが良さそうですね。

始めは強力粉を混ぜて作るのもオススメですよ。

 

全粒粉のパンは酸化しやすい

全粒粉のパン

胚芽は脂質が多く酸化しやすいので、日が経つと味が落ちたり腐りやすくなります。

全粒粉の粉も一回開封したらなるべく早めに使うことを推奨されていますので、安いからといってまとめて購入することは避けた方が良さそうです。

ですので食べきれなかったパンは冷凍したり粉は冷蔵庫に入れたりして、なるべく酸化が進まないように気をつけてくださいね。

あとは、食べすぎると小麦の表皮に含まれるフィチン酸が栄養の吸収を妨げる、というデメリットもありましたが、普通に日常生活で食べる分には全然大丈夫だということです!

 

全粒粉のパンはダイエットに最適

デブねこ

全粒粉のパンは腹持ちが良くて栄養価が高いので、おやつを食べることが減りダイエットに効果的です。

食物繊維が多いので便通が良くなりますし、GI値も50と低く血糖値が上がりにくいので脂肪がつきづらくなります。

サラダを作るのがめんどくさい時はレタスとチーズを挟むだけでも美味しいですし、美味しいのにダイエットに効果的というのが食いしん坊な私の胃袋にマッチしています^^

ぜひぜひ、ダイエット中だけどパンをたらふく食べたい! という人は全粒粉のパンを食べてみてくださいね

 

 

Visited 130 times, 1 visit(s) today