カルドでヨガマットが必要ないのは何で?LAVAもロイブもビクラムヨガもヨガマットを使うのに謎!

カルドでヨガマットが必要ない理由

ホットヨガを始めたいけど「ヨガマットが重そうだし高そう」と思っていませんか?

実は、大手のLAVAやLOIVE(ロイブ)、zen place(旧:ヨガプラス )、ラビエなど全国展開しているホットヨガスタジオでは、ほとんどヨガマットが必須なのです(レンタルもありますが)。

そんな中、カルドはヨガマットが必要ないホットヨガスタジオです(溶岩スタジオ除く)。

でも「カルドでヨガマットが必要ないのは、持ち運びも楽だし余計な出費もないから助かるけれど、ヨガマットがないと身体に良くないんじゃないの?」と思う方も多いと思います。

結論からいうと、カルドはクッションフロアの遠赤外線床暖房のため、ヨガマットが必要ありません。

その代わりにバスタオルを使いますので、持ち運びが楽ですし毎回洗濯もできて清潔です。

実はこの「カルドでヨガマットが必要ない」という点も、人気の理由なんですよ♪

f:id:happylifeis:20181111141034g:plainヨガマット不要♪カルドの公式サイトを見てみる 

 

それでは詳しく見ていきます^^

 

カルドでヨガマットが必要ない理由

カルドでヨガマットが必要ない理由

ヨガマットを敷かなくてもクッションフロアなので身体を痛めにくい

ヨガマットを敷く大きな理由は、身体への負担を軽減し、正しいポーズをとってもらおうということが狙いです。

ホットヨガは、座位などおしりの骨が床に当たったりしますので、ヨガマットを敷かないと痛みを感じるポーズがあります。

しかし、カルドはフワフワとしたクッションフロアのスタジオです。おしりの骨が当たっても痛くありませんので、ヨガマットは必要ありません。

 

遠赤外線床暖房なので、ヨガマットを敷かなくても足元からポカポカ

一般的なホットヨガスタジオは、部屋を暖めるのにストーブを使っています。

そのため、床は冷たいままなのでヨガマットを敷かないと足が冷えることがあります。

しかし、カルドは遠赤外線床暖房システムを使っています。

遠赤外線というのがポイントで、 人間の体は赤外線をよく吸収する働きがありますので、吸収された赤外線は体内温度を上昇させ、血流と代謝活動を活発にします。

赤外線は体の芯までじっくりと暖めるため冷えにくいですし、下が床暖房なのでヨガマットを敷かなくても足元からポカポカになれるのです。

 

バスタオルを使っても床が滑りにくい

ホットヨガはとっても汗をかきます。

ですので、かいた汗が床に落ちたりすると、普通ならモップがけが終わった床のように、つるつると滑ってしまいます。

そのため、汗を吸収してくれるヨガマットを使うことで滑りにくくなりますが、カルドはマット加工されたクッションフロアで普通の床より滑りにくくなっているため、バスタオルで代用できるわけです。

それに、この床にバスタオルを敷くと、タオルごしに心地よい熱が感じられ発汗を促進させます。

これが、最後のシャバアーサナ(仰向けで寝るポーズ)では爆睡をしてしまうほど気持ちいいんですよ^^f:id:happylifeis:20181026093445g:plain

これはヨガマットでは味わえない心地よさです♪

f:id:happylifeis:20181111141034g:plainヨガマットが必要ないから嬉しい♪カルドの公式サイトを見てみる

 

ヨガマットが必要であることのデメリット

ヨガマットが必要であることのデメリット

値段が高い

ちゃんとしたヨガマットにヨガラグを買いそろえるとなると10,000円以上することもあります。

物によっては1,000円からと安いマットやラグもありますので、始めはそれでもいいのかもしれませんが、肌に当たるものなのでできるだけ品質が良いものを選びたいものです。

 

重いしじゃま

一般的にヨガマットは6mmの厚さのものが、初心者に向いています。

けれど、3mmで1キロあるので、6mmで2キロと考えたらそれを持ち運ぶのは大変なときもあります。

もちろん持ち運び用の軽量のマットもありますが、耐久性やグリップ性(滑り止め)には欠けてしまいます。

 

ヨガマットのレンタルは汚い

ヨガマットをレンタルできるところもありますが、いくらマットの上にタオルを敷くとはいえ、他人の汗が吸収されているわけですから汚いというのが本音です。

一度、他のスタジオでヨガマットをレンタルしたことがあるのですが、自分のラグを敷いても嫌な臭いがしてきてレッスンに集中できませんでした……。

しかも、使い終わったあとは自分で掃除をしなければいけないところが多く、早く帰りたいときには少し手間がかかりますよね。

 

ヨガマットが必要ない人はカルドを選ぶ

重いヨガマットが巻かれている

 

ヨガマットの持ち運びは意外とじゃまですよね^^;

それに、自分でヨガマットを買うとホットヨガ後に干したりお手入れが大変ですし、ぱぱっと洗えるバスタオルなら清潔でいつでも気持ちいいですよ♪

 

カルドの溶岩ヨガの店舗はヨガマットを貸し出ししてます

ただ、カルドでも溶岩ヨガだと床が固いのでこちらではヨガマットを貸し出ししています。

ヨガマットの持ち込みもOKです。

バスタオルで清潔にホットヨガをしたい方は溶岩ヨガの店舗は避けた方がいいですが、溶岩ヨガには普通のホットヨガよりも高い美肌効果があるので悩みどころですね……。

カルドの溶岩ヨガをレッスンしてみて感じたメリットとデメリットをまとめてみました!

カルドの溶岩ヨガはバナジウム効果でお肌も心もつやつやに!溶岩ヨガなら料金最安のカルドで決まり!

 

カルドでヨガマットが必要ない理由はクッションフロアだから

カルドはヨガマットの持ち運びというわずらわしさをなくしたと同時に、バスタオル越しの遠赤外線床暖房が、睡眠を誘うほど気持ちいいホットヨガスタジオです。

作るのが大変だからなのかわかりませんが、残念ながらこの環境はカルド以外にはありません。

あなたも是非、カルドの体験レッスンでこの心地よさを味わってくださいね^^f:id:happylifeis:20181025174636g:plain

ヨガマットが必要ないのはカルドだけ♪カルドの体験レッスン申し込みへ

カルドの体験レッスンは手ぶらでOK♪レンタルタオル・レンタルウェア付きでレッスン料金980円です。

 

カルドとLAVAのどっちも通ってみて思ったことと、カルドとLAVAの初期費用を比べてみました

カルドで使うバスタオルのサイズはどれくらいが丁度いい?厚み、素材、デザイン、重視した方がいいのは?

LAVAのレンタルヨガマットの注意点!ヨガマットはレンタルと購入どちらがおすすめ?

【入会前必見】LAVAのスターターセットは必要ない?買ってしまった私が値段と中身、返品の条件を解説します!

 

自己紹介

名前:あやか

詳しいプロフィールはこちら

ついったー

⭐️166.4センチ51キロをキープ中(60キロ超→50キロへ落としました)

はじめまして♪
こちらのブログが少しでも参考になれば嬉しいです&お問い合わせも大歓迎です( ´ ▽ ` )
よろしくお願いいたします(o^^o)

 

アーカイブ